インフルエンザ②戦いの困難さ

f:id:kierukinpro:20181018085338j:plain

昨日、2018~2019のワクチンが決まったことを書きました。

1 A型Singapore(シンガポール)/GP1908/2015(IVR-180)(H1N1)pdm09

2 A型Singapore(シンガポール)/INFIMH-16-0019/2016(IVR-186)(H3N2)

3 B型Phuket(プーケット)/3073/2013(山形系統)

4 B型Maryland(メリーランド)/15/2016(NYMC BX-69A)(ビクトリア系統)

この4種類のワクチンで戦うインフルエンザウイルスは、どんな相手だと思いますか。

 まず、一人の人が感染するとインフルエンザウイルスはその人の細胞を使ってコピーをドンドン作ります。一つのインフルエンザウイルスが8時間で100個に増えると言われ、24時間で100万個、32時間後には1億個のコピーが作られます。

インフルエンザに罹る人は年間延べ1000万人です。1000万人でこのウイルスのコピーが行われれば、個性を持ったウイルスが生まれてしまいます。だからそれに合わせたワクチンを作るのは大変に困難なことです。さらに、今年流行るウイルスを予測しなければなりません。

ウイルスを予測する方法は

  1. 日本の流行の常に1年先を行く中国にウイルスの観測地点を設けて流行ウイルスを予測します。
  2. ウイルスの遺伝子情報を解読し、ウイルスが進化する方向を予測します。
  3. 日本で4~6月頃に散発的に流行するウイルスをチェックします。
  4. 世界保健機関(WHO)からの流行ウイルス予測を参考にします。

それでも、ワクチンは重症化や死亡の予防効果はかなり期待できるのです。

例えば、高齢者ではインフルエンザワクチンによるインフルエンザの予防効果は40%ほどしかありませんが、重症化への予防効果は60%あり、死亡への予防効果は80%もあるのです。80%というのは、ワクチンを接種しなかった高齢の方々が10人死亡した場合、ワクチンさえ接種していれば8人は死亡せずに済んだという意味です。(引用:浜松医療センター、感染症について)

インフルエンザ①

 今年もインフルエンザの声が聞こえ始めました。

今年は少し早いようで、

国立感染症研究所では、全国5000ヶ所の医療機関から感染者数の報告を受けています。インフルエンザ定点観測での報告人数は下記です。

2018年37週(09月10日~09月16日)665人

2018年38週(09月17日~09月23日)668人

これらの数字は総数ではないことに注意してください。受診していない人や不顕性感染(感染していても症状があらわれない感染のこと)含めるとかなりの人数が感染していることが予想されます。

インフルエンザワクチンの決め方はこちら→

https://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-10601000-Daijinkanboukouseikagakuka-Kouseikagakuka/0000210252.pdf

今期の2018年〜2019年のインフルエンザワクチンは下記の4種類に決定しました。

 1 A型Singapore(シンガポール)/GP1908/2015(IVR-180)(H1N1)pdm09

2 A型Singapore(シンガポール)/INFIMH-16-0019/2016(IVR-186)(H3N2)

3 B型Phuket(プーケット)/3073/2013(山形系統)

4 B型Maryland(メリーランド)/15/2016(NYMC BX-69A)(ビクトリア系統)

この4つのワクチンを約2,650万本の供給の見込みです。

 

 

靴やサンダルのお手入れ

履物ってなかなか、洗えないかと思います。

夏の間、お世話になったサンダルとか、匂いが付いてしまったり、雑菌が繁殖してしまったり。

足を清潔にすることと、小まめに拭き取ることが、匂いや雑菌の繁殖を抑えます。

拭く時にはキエルキンです。シュッとしてサッと拭けば、付いてしまった匂いも一瞬で消してくれるし、水虫の原因の白癬菌もわずか30秒で除菌出来ます。

足のケアにもシュッとしてタオルで拭くと足がスッキリサッパリとしますよ。

是非お試しください。

f:id:kierukinpro:20180826151636j:image

 

生まれてくる孫

f:id:kierukinpro:20180806115848j:image

里帰り出産を控えた娘、上の子の世話もありキエルキンが気になってました。
ブログなど見ていましたので理解してましたが、説明を受けて更に実感。選んで良かったです。
外出して車に乗ったらシュッとしてます。生まれてくる孫の触れるものも使っていきます。キエルキンを教えていただきありがとうございました。

あると安心キエルキン

 

毎日の安心

f:id:kierukinpro:20180802093304j:plain

毎日の水筒
この頃は足りなくなる暑さです。
車の中に置くので、フタのパッキンとかも毎晩分解して細かい隅々まで洗い、、、って中々大変です。洗ったつもりになっちゃうこともあります。
そこで朝、フタにキエルキンをシュッとして、軽く水で流してから閉めます。(お弁当箱とかもシュッとして軽く水に流してから使うと良いです)
中身は、最近ずーっとレモン🍋グラスです。時間が経っても味が変わらず、お気に入りです。
ちなみに、底にあるシールは剥がしちゃダメです。二重構造の真空を保っています。

あると安心キエルキン

安心の環境を整える 自然療法サロンミモザさん

f:id:kierukinpro:20180720085506j:image

 こころとからだをリラックスする自然療法サロンミモザさん。日々訪れる皆様に安心の環境を整えています。そのお役に立っているのがキエルキンです。

サロンは、個室・完全予約制で貴方だけのプライベート空間を完備 しています。伊豆産の白びわの葉を使用した「びわの葉蒸し」や、お客様の当日の体調に合わせたアロマオイルをブレンドしたアロマエステなど、ここでしか受けることができないメニューをご用意しています。キエルキンですずやかに保たれた空間で安心してリラックスできますよ。詳しくはこちら、

salon-mimosa.jp

あると安心キエルキン

 

 

 

現実的なのはどれ?

 おなかが痛くなったり、時には命を落とす食中毒や細菌感染。気温が高く湿度も高くなると菌は活発になります。そこで良く使われるのがアルコール除菌です。でも覚えていていて欲しいのですが、アルコールに耐えちゃうのがいっぱいいるんです。それはノロウイルスアデノウイルス(プール熱とかがこれ)、ボツリヌス菌(赤ちゃんが食べちゃダメなやつ)、ロタウイルス(これも赤ちゃんは要注意)、ヘルパンギーナ(夏風邪って言われてます)、カンジタ、ウエルシュ菌(100度でも耐えちゃうやつ)、破傷風菌、セレウス菌(芽胞というバリアを持っているやつ)。これらはアルコールに耐えちゃいます。さて困りました、どうすれば良いの?そうだ次亜塩素酸ナトリウムの除菌剤は?じつは高濃度の次亜塩素酸ナトリウムなら、長時間(30分くらい)漬け置きすればセレウス菌もやっつけますが、目を保護して手袋してマスクして、脱色するから周りに気を付けて、やはり現実的ではありません。

 現実的なのはキエルキンです。すばやく、強力に、お子様が舐めても安全なキエルキンです。エビデンスと言いますが第三者機関の証明で、30秒以内に検出せずというものがセレウス菌(芽胞)、カンピロバクター大腸菌(O157)、レジオネラ、緑膿菌サルモネラ黄色ブドウ球菌白癬菌、インフルエンザウイルス、ネコカリシウイルス(ノロ代替)と色々なタイプの菌とウイルスに対応出来ます。

f:id:kierukinpro:20180705113647j:plain

あると安心キエルキン